事業紹介

Business Overview

グループホーム ちぐさ 共同生活援助事業所

グループホーム ちぐさ 共同生活援助事業所

グループホーム ちぐさ 共同生活援助事業所

グループホーム ちぐさ

共同生活援助事業所

安定した生活の 自立を応援します

グループホームちぐさとは
長い間入院していたが、退院してアパートで暮らしたい。
家族から独立し、ひとりで暮らせるようになりたい。
そんな方のためにグループホームはあります。
グループホームは地域での安定した生活を目指して自主的に生活の練習をする場所です。他の利用者の方とのお互いのプライバシーを守りながら一緒に暮らしています。
生活上の悩みや相談など、困ったときに相談できる世話人がおり、概ね2年間で単身生活へ移行できるよう、個別に支援を行います。
現在の取り組み
平成7年7月「メゾンちぐさ」、平成8年2月「ちぐさハイム」、平成19年10月「ちぐさホーム」、そして平成26年に「カーサちぐさ」が開設され、現在4つのグループホームを運営しております。
各事業所6~7名の定員で、単身生活を想定したアパートの1Rタイプの居室を利用していただいております。
生活の仕方を学び、卒業して地域で暮らしていくことを目指します。困ったこと、心配なことは、世話人が個別に相談に応じます。交流室で、食事会で、ミーティングで、自分や周りのことを考えながら巣立っていく、楽しい生活の場です。
宿直による夜間対応を実施し、一人暮らしが初めての方でも安心して生活できるよう支援しています。
現在4つのグループホームでは、以下の定員数で運営しております。
平成7年7月開設「メゾンちぐさ」(定員:6名)
平成8年2月開設「ちぐさハイム」(定員:6名)
平成19年10月開設「ちぐさホーム」(定員:7名)
平成26年開設「カーサちぐさ」(定員:2名)

PAGETOP

Access